2009年01月17日

権利と義務?義務と権利ですよ!

深川 由美子

2009年1月17日

まだまだ面接が怒涛のように続いています

おかげ様で、人員不足が究極です。

またまた面接中の会話をひとつ披露します。

 

私:  前の会社を2か月で退社した理由は?

面接者:私は会社の義務があると思います

    前の会社は、加入すると言い加入の気配がないので2か月で退社しました。

    雇う側は、きちんと厚生年金や保険にしっかり入り社員を大事に扱うべきです。

    実務として、会社にはSEO対策を行い、ヤフーで1位になりました。

私:社員は何人居たの?

面接者:25名です

私:25名で加入していないってことは、最初から加入する気はないですね。

面接者:そうなんです

私:ヤフーで1位をとったのも凄いことですが、業者に頼んだのと、あなたが行ったのと、

  給与を考えてどちらが安いのかしらね?

  たぶん業者に頼んだ方が安いと思いますよ。

  更に、義務と権利があり、あなたの話は権利の主張しかないですね。

  人間は「義務を果たすから権利の主張」ができるんですよ。

   年金も払わないのに、世間や周りが大騒ぎするからと

   「国はおかしい、年金なんて・・」って言うのは、支払いをちゃんとしている人が

   言うべきことで、支払いをしていないのに言うのはおかしいでしょ!

   義務を果たすから、権利の主張ができる

   雇う側の義務を果たすから、権利として仕事をして頂く。

   雇われる側の義務として会社に貢献するからこそ、権利を主張できるんですよ。

本人は納得していましたが、この人も自分の考えや自分の常識が基準となり、周りが見えない

人の心がわからないと思いました。

 

こういう社会状況だからこそ、本物しか残らないと思います。

弊社の方針として、顧客満足度150%を達成し、貢献するためにも

自分の「常識・固定概念・既成概念」は持たぬようにしようと、

「人の振り見て我がふり直せ」とこの面接で改めて肝に命じられたのだな~と

思いました。

    

Posted in: 未分類